せんねんより御ふれふみ 二巻之内 下

 一、子おろし薬売候事
   向後堅不仕様、町々ニ而可被
   申付候、勿論かんはん出し
   申間敷事
    但、子おろし候者有之ハ、
    以来左様之義不仕旨、可
    申付候
   未五月六日

一、捨子養育申付候後、令病死候段訴
  出候節、検使差遣し家内之者等口書
  取之、年寄丁人召連出、於公事場ニ口書
  読せ、無別条候得ハ片付申渡、且又死
  捨子有之節も右同様ニ候得共、向後ハ
  右検使相止候、見届月番之同心壱人
  指遣し見改させ、無別条候ハヽ、直ニ
  片付申渡候様可申渡候、万一疵付、

2223/(2000-2414)

大阪市立大学文学研究科都市文化研究センター (C) 2007 All Right Reserved.